ピルで子宮内膜症の治療を行なう

子宮内膜症は、本来なら子宮の中でのみ増殖したり剥がれたいを繰り返す子宮内膜が、子宮以外の卵巣や骨盤の腹膜にできることで、生理の時に子宮内膜が剥がれる際に腰痛や腹痛などの痛みを伴う病気です。
痛みがその時によって違うのではなく、徐々に痛みが増していくのが特徴でもあります。
子宮内膜を厚くするのは、女性ホルモンのエストロゲンの役割です。
受精卵が着床するベッドとも言われている子宮内膜は、厚くて柔らかい方が受精卵が着床しやすいのですが、厚くなりすぎてしまうことで弊害も出てしまうのです。
ピルは女性ホルモンの分泌量をコントロールする働きがあります。
そのため、子宮内膜が厚くなってしまうのを防ぐ役割があるため子宮外で子宮内膜が厚くなることがなく、子宮内膜症の痛みが軽減されます。
ピルは他にもエストロゲンの働きによって起きる生理の経血量が多すぎる経血過多や、エストロゲンの過剰な分泌により子宮内膜が厚くなってしまうと、その中に存在するプロ下種多グランジンという成分が月経痛を引き起こすのを防ぐ役割があります。
子宮内膜症でなくても、ピルを服用し始めると生理の経血量が減るという人が多くいます。
その人の体質によっては、ピルを服用し始めたからと言ってすぐに子宮内膜症の痛みが減ったり経血量が減るわけではありません。
長くても3シートの服用が終わるころには症状が改善していると言われています。
ピルを服用することで子宮内膜を薄くしているため、妊娠を望むなどの理由でピルの服用をやめると、子宮内膜症が進行してしまう可能性があります。
そのため、ピルの服用をやめる際には他の治療法で症状の進行を抑えることができないか、医師としっかりと相談するようにしましょう。

ピルの避妊以外の効果

ピルには避妊以外にも多くの効果があり、様々な病気や症状の改善に利用されています。
ピルに含まれているのは合成された女性ホルモンです。
女性の身体は女性ホルモンの分泌量の変化によって排卵したり、生理になったりしているのですが、ピルは服用することで体内の女性ホルモンの分泌量をコントロールして排卵を防いだり、子宮内膜が厚くなってしまうのを避けているのです。
そのため、女性ホルモンの分泌量が多すぎたり少なすぎたりすることによって起こる症状の改善に利用されています。
具体的には、女性ホルモンの中のエストロゲンが子宮内膜を厚くする役割があります。
本来なら子宮でのみ増えたり剥がれたりを繰り返している子宮内膜が、子宮以外のところで増えたり剥がれたりを繰り返す症状を子宮内膜症と呼びます。
ピルを副王してエストロゲンの量をコントロールすることで、身体は「妊娠中」「閉経した」という判断をしてエストロゲンの分泌量が減ります。
それにより子宮内膜が厚くならないため、子宮内膜症の症状である腹痛や腰痛、生理痛などの症状が軽減されます。
逆に40代後半からは女性ホルモンの分泌量が減ることによって更年期障害と呼ばれる症状が出てきます。
これは閉経が近くなり卵巣の働きが弱くなってくることから、卵巣で作られている女性ホルモンの分泌量が減ることが原因で起こります。
ピルを服用すると体内の女性ホルモンの量が増えるため、ほてりやのぼせ、イライラや倦怠感、うつ様症状などの更年期障害の症状が軽減されていくのです。
他にもホルモンバランスが乱れたことによりニキビの治療などにも利用されています。
日本では子宮内膜症に伴う月経困難の場合には保険が利用できますが、それ以外の症状の場合でピルを処方してもらう場合には、全額自費負担となります。

ピルの購入方法と価格について

性行為後の避妊方法としては、ピルによる避妊がもっとも効果的であるといわれています。
しかし、ピルは薬ですから通常は病院で処方してもらうことになりますが、保険が適用されない為どうしても費用がかかってしまうということが考えられます。
そこでピルを安く購入するのであれば、インターネット通販が最も適した方法であると考えられます。
薬を通販で購入することができるというイメージはあまりないかもしれませんが、薬事法で輸入が禁止されている薬以外であって、個人での使用目的の薬であれば、一定量までは個人輸入が認められています。
ただし、個人で海外から薬を直接輸入して購入するにはかなり手間がかかるので、個人輸入代行業者から購入するということになります。
このような個人輸入業者の場合は、医療機関や製薬会社が利益を上乗せしないので、価格が安いという特徴があります。
気を付けるべき点としては、個人輸入代行業者がすべて信頼に値する業者であるとは限らないということです。
いくら価格が安いといっても、偽物を購入してしまうリスクもありますから注意が必要です。
ですから、信頼性のあるネット通販のお店でピルを購入するということが大事になってきます。
価格については、ピルが21錠入りの値段としては、3500円程度となっていて、これが3箱分で¥4300円程度とさらにお得になっています。
ただし、ピルといっても様々な種類があり、服用方法が2回に分けて服用するものと、1回に分けて服用するタイプのピルの2種類がありますから、それらの薬によって、価格も異なってくると考えられます。
1回の服用で済むタイプのピルの方がそうでないものよりも価格が高い傾向にあります。